渡辺商会

スチール026エンジン不調修理2

先日026の修理をご依頼いただいたお客様から、追加のご相談があり、時々回転が高回転になる不調の修理依頼をいただきました。

このスチール026は廃盤なのですが、年数が経つとある消耗部品が必ず壊れます。
というか、消耗部品なので必ず壊れるのですが。遅いか早いか、部品があるかないかだけです。

そしてそのある部品というのが
20151003_105205_637syou

赤丸で囲ったホース、パルスホースです。パルスホースとは、一般の人はなじみがないと思いますが、キャブレターに燃料を吸い上げる為のポンプを、動かす為のホースです。
つまり、これの不具合は即エンジンの不調に繋がります。

さて、ホースなのに丸が二個あるけど?と思われた方。
そうです。今回の不具合、ホースがちぎれているんです。分解する前は、亀裂程度だったかもしれません。なので、症状が「時々」。
しかし、外部からの力ではなく、部品劣化による硬化での亀裂ですので、亀裂を拡大させずに外す事はできません。
交換する以外に修理する方法はありません。
20151003_111057_140syou

前回の記事にも書いておりますが、この機種は部品の供給が止まっておりますので、部品を入手する事はできません。
ご依頼主にも申し上げたのですが、前回二個一した機械のホースが、たまたままだ生きていましたので、そちらを移植して一応動くようになりました。
しかし、取った機械も、同じ年式。十分に劣化が進んでおり、こちらもいつちぎれてもおかしくない状態でした。

この機種に限らず、スチールのMSがつかない型番のチェンソーをお持ちの方。
ハスクでも42など二ケタ型番&それに2をつけた2※※シリーズをお持ちの方。
部品供給が終了しております。身の振り方を考える時期に来ておりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)