渡辺商会

550XP回転が上がる不調

スロットルを握らなくても、回転が上がる(下がらない)症状の550XPをお預かりしました。
1年も前に、キャブ交換で修理したそうなのですが、また出たとの事で依頼されました。

話を伺った時点ですでに、キャブではないな・・・と思っては居たのですが(550の電子キャブ、評判ほど壊れるものではありません)・・・

回転が上がる症状は、スロットルの物理的な故障を除くと、多いのが「どこかの気密漏れ」です。
専門用語的には、2次エアー(1次はエアクリから吸う空気)を吸っていると言います。場所はシリンダーガスケットやらオイルシールやら、インシュレーターやら様々ですが、見つけるのが結構手間なので、修理レベルは結構高くなります。

修理屋じゃない方は、かなりの確率でギブアップする事例です。なので、原因不明でお預かりすると、良くあるパターンだったりします。
気密をテストする為、ガソリンをキャブ側からドボドボ投入すると・・・(ガソリンなので、厳密には液密テストですね。しかし、液が漏れるなら、確実に気も漏れます)

どっかから、ドボドボと出てきました(笑)

今回の不調の原因は、キャブではなく・・・
20150913_211220_170syou

オイルシールでした。ちょっとわかりにくいですが、赤丸で囲った部分、破れて隙間ができています。
どうせ破れていますので、中のベアリングの状態を確認すべく、ひっぺがします。ベアリングは・・・
20150913_214238_209syou
お亡くなりです。ベアリングの玉というのは、本来均等に配置されるべく、パーツで止められていますが、そのパーツが吹っ飛んでいます。
クラッチ側にも色々ダメージが来ていたので、恐らくチェーンが木に挟まれるなどして負荷がかかったものと思われます。
・・・そこの林業者の方、かかり木を切ったりしてはダメですよ?(笑)

さて、今回は無茶をした形跡が見られた為、自責扱いな上、完全分解の高額修理な為、やむ無く修理中止となりましたが、場合によっては保証対象にもなったかもしれませんね。
断言はできませんが・・・
並行輸入品だと、間違いなく自腹です。

どこの修理に出されたのかわかりませんが、1年前のキャブレター交換も恐らく誤診による無駄な出費でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)