渡辺商会

550xpエンジン始動不良修理ピストンリング交換

本日の修理は、550XPの始動不良修理です。

事前に聞いていた内容は
・チョークが効かない
・再始動性が悪い
との事。

まず、チョークの方から見ていきます。カチっと動かしてみますが、何か変。手ごたえがありません。それもそのはず、レバーと連動する、シャフトがありません。
何と、シャフトが折れていました
20150720_143154_390

これは私も初めての経験で、すぐには疑えませんでした。原因も全く思いつきません。バタフライが緩んでいたら可能性はありますが、それもありませんでしたので。多発するものでもないはずなので、シャフトを交換してOKです。

さて次に、再始動不良の件を見ていきますが、実際テストをしてみますと、再始動以前に始動しにくかったです(汗)
デコンプを使用しても、デコンプが戻らないし、何とか始動させても、アイドリングでエンスト。

という事で、圧縮まわりかと見当をつけました。

分解せずにできるテストとしては、外からシールのテストをし、問題が無かったので念のため水密(ガソリンを入れますが)テストをしましたがこれも問題なし。最高額修理は免れました。

あとは分解しないとわかりませんので、シリンダーから外していきます。
カーボンが多かったので、だいぶ怪しいですが、原因らしきものはすぐ見つかりました。

ピストンリングの摩耗をチェックしてみると・・・

20150725_114159_701

リングの合わせ面がかなり開いています。ここから圧縮が漏れていたんですね。

リングが摩耗する事はふつうですし、圧縮が漏れれば調子が悪くなるのは当然です。修理としても、まだ安価な方です。

ただ、気になるのは、まだ300時間程度の使用(電子キャブはログが残ります)で消耗した事ですね。

省燃費エンジンは、燃料が薄い為、高温になり摩耗が早いのでしょうか。ハスクさん、ピストンリングは二つあった方がいいようです。

4 thoughts on “550xpエンジン始動不良修理ピストンリング交換

  1. 私も550XPを購入しましたが、400時間でダメになりました。全く同じ症状です。
    こぅいつたトラブルは 補償が無いのでしょうか?クーレム付けたのですが納得できる説明がありませんでした。結局泣き寝入りです。

  2. WATANABE Post author

    誠さん
    コメントありがとうございます。全く同じと申されますと、ピストンリングの摩耗による、圧縮抜けでしょうか?
    まず、ハスクバーナにつきましては、輸入品ですので、メーカー保証が半年です。
    400時間を半年でクリアするのは、結構厳しいかと思います。

    あとは、どこが見積もりを請け負ったかにもよります。
    よほど有力な販売店でない限り、店舗で機械を分解し、見解を述べるようなところはないと思います。
    販売店がきちんとした見解を示せば、メーカーもそうそう無下には扱いませんから・・・
    また、記事の内容にも書いてありますが、環境対策(省燃費)エンジンは、混合オイルの量も減る訳で、摩耗が早いのは必至であります。こういった消耗品の耐久性をアップする事は、かなり難しいのではないでしょうか?
    ピストンリングの耐久性をアップしますと、今度は違う面でトラブルが起きたりしますので、なかなか難しいところではあります。

  3. 匿名

    今回キャブとコイルを改良品に交換しましたが、結局時間が経つとエンジンがかかりまでんでした。で、ピストン関係を全て交換しました。これで掛からなければハスクを取り扱うのは止めます‼
    因みに同じチェンソーを使ってる人も少なくとも5人同じ症状で困ってます‼

    1. WATANABE Post author

      時間が経つと、というのは数時間とか使っているうちにまた掛からなくなってくる、という事でしょうか?取り扱う、と書かれておりますが、販売業者さんでしょうか?症状については、実際に触ってみないと何とも言えないので、対策についてのコメントは差し控えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)